本文へ移動

SHS外張断熱工法

画像:SHS工法1
画像:SHS工法2
 確かな技術に裏打ちされたSHSは日本の外断熱工法のパイオニアです。
 住宅の断熱工法には、『外張断熱工法』と『充填断熱工法』があります。『外張断熱工法』では、人間が洋服を着るように、建物全体をすっぽり包むのが原則です。これによって、建物が衣服を着たような状態になり、暖かさを保つことが可能になります。
住宅の断熱化を考えるには、断熱・気密・防露の3要素がバランスよく整った状態が大切です。
SHS工法ではそれらを実現し快適な環境を実現させます。
 家計にやさしい、冷暖房費を削減します
 SHS家は、高い断熱効果により、屋根や壁から熱が入りにくく、屋外に逃げにくい性質を持っています。その性質をうまく活かし、光熱費を大幅に削減することが可能です。
 
 建物そのものの資産価値が高まります。
 内部結露の心配が少ない断熱構造のため、建物全体の構造耐力を長持ちさせます。木材が腐らなければ構造体は長寿命化します。
 
 一年中、温度差ストレスフリーで快適生活
 すっかりと断熱、気密化された家では、部屋中の部屋がほぼ均一になり冬場の浴室、トイレへの移動も楽になります。部屋の上下も温度差が少なくなるため、キッチンに立っても足も露が冷えにくくなります。
 
 ヒートショック抑制・アレルギーにも効果
 温度差を解消することにより、ヒートショック現象を抑制します。またカビ・ダニの繁殖の原因をなる結露を抑制し、アレルギー対策にも有効です。
 
 計画換気で快適な室内環境が実現します。
 常時連続換気にすることで、室内の空気をきれいに保て、有害な化学物質や湿気がこもることがありません。
 
『SHS外張断熱工法』は、どんな工務店でも建てられる住宅ではありません。東北SHS会に所属する正会員工務店によってだけ建築が認められている工法です。
また、SHS外張断熱工法では、住宅の一棟一棟に気密測定を義務付け、完成した住宅には、その結果を添付して、建て主に報告致します。
 
TOPへ戻る